週末海外のススメ ~サラリーマン弾丸旅行~

週末(土日)や、3連休を使って海外旅行に行きます!旅先の過ごし方、安く海外に行くコツも紹介していきます!

週末海外を実践しようと思ったら読む記事

今回の記事は、実際に週末や3連休を使って海外旅行に行こうと思った人向け記事です。

特に社会人(サラリーマン、OL)が、週末を使って海外に弾丸旅行に行くためのノウハウを伝授したいと思います。

多くの人にとって特に気になる点、それは「土日で海外に行って仕事に支障は出ないか?」。すなわち月曜日の仕事が心配ということ!

 

社会人たるもの、仕事を疎かにして遊びに行くようではいけません。私は毎月のように海外に行きますが、旅行を理由に会社を休んだことはありませんし、平日はいつもキチンと仕事をこなしています。

私の平日は、毎日、誰よりも早く出社し、雑用・掃除から一日が始まります。忙しい時には昼休憩は10分、近所の立ち食い蕎麦屋で済ませ、家に帰ると23時になることもあります。

 実は、海外に行った直後でも、これだけ働きます。大丈夫、できるんです!

 まず、仕事に支障を来たさないためには、以下のコツがあります。

 ①なるべく疲れないようにする。

 ②旅行中は寝る時間を多めに確保する。

 ③帰国後はいち早く帰る。

 どれも当たり前ですね(笑)

 

まず、①「なるべく疲れないようにする」。

これは簡単です。せっかく海外に行ったんだから、アッチも行って、コッチも行って…。これでは疲れますし、駆け足で観光してますから、案外、思い出にも残りません。

そこで考えたのは、絶対行きたい観光地を1日1か所、絶対食べたい物を1日1食だけ決めて、それだけは絶対に実行し、それ以外は自由気ままに過ごします。

行きたかった観光地が、思いのほか短時間で満足できた場合には、もちろん他にも観光に行きます。でも疲れない程度にしておき、疲れたと感じたら、カフェに入ってのんびりします。

このように、アチコチ歩き回らない、疲れたら休む!これを徹底したところ、旅行疲れを大きく軽減できるようになりました。

 

次に②「寝る時間を多めに確保する」。

旅行中の疲れを次の日に残さないために、良く寝る(熟睡)必要があります。寝る時間を最低、8時間とか9時間は確保するようにしましょう。なるべく夜も早めにホテルに帰るのが良いでしょう。

また、慣れない環境で熟睡するためには、ゆったり安心して寝られるホテルを手配しておく必要もあります。

ただ、これは個人差があり、私のようにどこでも寝られる人は、あまり気にしなくてもいいかも知れません。現に私は、いつもゲストハウスやドミトリー(共同部屋)等の安宿に泊まっています。

こういった環境が苦手な人、騒がしいと寝られない人は、相応のランクのホテルを予約しておきましょう。

 

 最後に③「帰国後はいち早く帰る」。

実はこれが一番大切です。次の日に影響を及ぼす一番の原因は、帰国後、どれだけゆっくり休めるかです。

家に帰ったら、なるべく早く寝るのが基本ですが、深夜便で帰国する場合は気を付ける必要があります。そう、終電がないんです。こうした場合は、マイカーで自宅-空港を往復する必要が出てきます。また、終電にはギリギリ間に合うとしても、車の方が短時間で帰れる場合には積極的にマイカーを利用しましょう。

駐車場代はかかりますが、そこはケチるところではありません。弾丸旅行では疲れを残さないための費用はケチり過ぎないようにしましょう。

 

いかがでしたか。当たり前ではありますが、実はチョット工夫したり、配慮するだけで実際、かなり体への負担は軽くなり、週末海外を思う存分エンジョイし、かつ仕事にも支障を来たさなくなります。

週末海外を実践しようとしているアナタ。是非、お試しあれ~!